読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

財務会計【平成23年度 第16問】

【平成23年度 第16問】
 D社では、新規投資に必要な資金10億円を内部留保、借入金、普通株式の発行によって調達しようと計画している。以下の資料に基づいて、この資金調達における加重平均資本コストを算出した場合、最も適切な数値を下記の解答群から選べ。なお、新株発行の場合、発行手数料等により既存の株主資本コストより1%高くなるものとする。


  内部留保額  4億円
  借入金の税引前コスト  4%
  既存の株主資本コスト  10%
  実効税率  50%
  目標負債自己資本比率  4:6


〔解答群〕
ア 6.8%   イ 7%   ウ 7.6%   エ 10%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本問は条件に則して順序良くやっていけば正解にたどり着けるはずです。
まずは負債自己資本比率=4:6にしたいわけだから、下図のようなイメージです。

f:id:sk6960:20160427101934j:plain


また、内部留保4億円は自己資本ですから新株発行は2億円、よって借入金は4億円であることがわかります(下図)。

f:id:sk6960:20160427101950j:plain
次にコストですが、借入金には4%、既存の株主資本(自己資本)コストには10%、新株発行は11%かかりますから、下図のように表すことができます。
ちなみに内部留保は「利益剰余金」「任意積立金」「繰越利益剰余金」の名目で純資産の部に計上されているものですから、自己資本(株主資本)のことです。
また、負債には実効税率50%がかかりますから注意しましょう。

よって
WACC=借入金40,000万円×4%×50%+内部留保40,000万円×10%新株20,000万円×11%/100,000 です。
これを解いて、WACC=(800+4,000+2,200)/100,000=7,000/100,000=7%。

以上により、正解は、イ である。