読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

経営法務【平成24年度 第8問】

【平成24年度 第8問】

特許権の共有に関し、法律上最も不適切なものはどれか

 

ア 特許権の共有者は、契約で別段の定めをしていない場合には他の共有者と共

  にでなくとも、単独で、特許発明の実施をすることができる。

イ 特許権の共有者は、他の共有者と共にでなくとも、単独で、共有持分を放棄

  することができる。

ウ 特許権の共有者は、他の共有者と共にでなくとも、他の共有者の同意を得た

  上で単独で、共有持分を譲渡することができる。

エ 特許権の共有者は、他の共有者と共にでなくとも、単独で、特許を無効とす

  る審決に対する審決取消訴訟を提訴することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アは、特許の共有者は単独で実施できたはずだ。だから正しい。

イは、持分の放棄は同意は不要だよな。これも正しい。

ウは、譲渡する場合は他の共有者の同意が必要だし、これも正しい。

エは、出願とか取消訴訟とかは単独ではいけないんじゃなかったっけ?

よって、正解は、エ である。