読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

運営管理【平成26年度 第12問】

【平成26年度 第12問】
 材料、部品などを常備品として管理するための要件として、最も適切なものはどれか。

ア 継続的に消費され共通的に使用される。
イ 単価が高く在庫費用の負担が重い。
ウ 長期間保存した場合に品質が劣化する。
エ 調達期間が短く消費が少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本問は常備品として管理するための要件を問うていますが、逆に、常備してはいけないと思われるような要件を消去していきましょう。
ア:継続的に使用されるなら常備してもいいですね。しかも共通的に消費もされます。ゆえに本肢は正しい記述です。
イ:在庫費用が高いなら常備すべきではありません。
ウ:長期間保存すると品質が劣化するならこれも常備すべきではありません。
エ:調達期間が短いなら欲しいときにすぐに調達できるということだからあえて常備する必要はないです。

以上により、正解は、ア である。