読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

法務と情報の一次は科目合格する自信は全くないね

当ブログ管理人は今回初めて二次試験を受験する(はず)。

実は自己採点上で合格しているだろうと思っているだけで正式には9月はじめに通知が来てはじめて合否が分かるしくみだ。

 

一次試験は二度目の受験でパスできた。

①経済 → 昨年:×  今年:○

②財務 → 昨年:×  今年:○

③企業 → 昨年:○ 

④運営 → 昨年:○  今年:×

⑤法務 → 昨年:×  今年:×

⑥情報 → 昨年:×  今年:×

⑦中小 → 昨年:○

合計点で昨年:×  今年:○ となり、二次試験に向き合えるわけだ。

 

この二次試験は、仮に今回の二次試験がダメでも29年度の二次試験を受けることが出来る。つまり、一次試験をパスすれば、当該年度と次年度の2回のチャンスが与えられるというわけだ。

一次試験の科目別では、

経済・財務 → 合格の権利は30年度まで有効

企業・運営・中小 → 合格の権利は29年度まで有効

となっている。

法務と情報は科目合格する自信がないから、一次試験を受験するのはもうイヤだなぁ二次試験には直接的には関係のない科目だから省エネ的な結果にはなったんだけれど、出来ることなら今年のうちに決めてしまいたいな。

 

 

そんなことを考えるうちに今年もらったチャンスを最大限に活かして合格を勝ち得ることこそ、と思えるようになった。

一次試験合格で満足しているようでは二次試験を突破することは出来ないんだぜ。

 

やれやれ。