読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

来ないなぁ、私の得点

診断士/二次試験

いつからか寒いのが苦手でなくなっている自分がいます。ひょっとしたら寒いのがキライだという理由は北風のピューピューではなかろうかと思い出した私です。

 

いつもと違って敬体で書いていますが、たまには「です・ます調」もいいものです。「です・ます調」の方がやわらかい感じがしますね。

 

ところで首を洗って、長くして待っている得点開示の結果なんですが、いまだに届く気配すらありません。簡易書留で来るらしいので不在なら再配達手配をすれなよいのですが、不在者通知すら入ってこないです。きっと忙しいのだろうなぁと思いながら、きっと多くの人が開示請求をしているのかもしれないと少しだけ気の毒に思いました。

とはいえ、そろそろ届いても・・・と淡い期待をしているのですがそんな淡い期待なんか今年一番の寒気(まだ今年が始まって15日なのに)によって吹き飛ばされてしまうのでしょう。切ないものです。

 

 

最近はあまりにも仕事がおもしろくなくて(なんかいつも言っているけれど)、「早くまともな経営者の会社で仕事したい」と強く思っています。

そう思うと、早く診断士試験にパスしたかったなぁと思ってしまいます。がっくり。

 

ともあれ、早く二次試験をパスしなくてはいけません。

細君も応援してくれます。まだまだバイタリティあるうちに合格したいと思っています。

 

ということで、まだ開示請求の回答が来ないという話題でした。