読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

この春も受験生支援団体主催のセミナーに出かけます

久しぶりの投稿だ。

 

3月から二次試験対策を再開した。再開したのは事例Ⅳ対策、である。具体的には、心の中でモヤモヤしていた28年度の事例Ⅳ。これをじっくりと解き直してみた。

 

なんとまぁ、カンタンなことよ

 

当日はそう思えなかった。どうして60点取れなかったのだろうと思った。落ちて当然だとも思った。

 

 

だから、どうせ今から勉強するのだったら事例Ⅳ対策だなと考えた。まず過去問。なぜ間違えた、解けなかったのかを分析する。同時並行でイケカコ。昨年一通り解き終えたが理解できているのかどうかと思って再度やり直した。

 

 

現状、過去問を中心に事例Ⅳと向き合っている状態だ。

 

 

***

昨年、一次試験をパスしたが二次試験をパスすることが出来なかった。

一次試験をパスできたのはモチベーションの部分が大きかったのであるが、そのモチベーション管理に大いに役立ったのが某受験生支援団体が主催する、通称春セミナーだ。時期的には一次試験向けのセミナーになるのだろうが、自分が出席する目的はモチベーションを高めるため、だけにある。内容はいざ知らず、他の受験生の意気込みや想いを知ることでモチベーションアップを図りたいと思っている。

 

今年の会場は渋谷らしい。

 

早くあっち側に行きたい、と強く思えれば二次試験は突破できると確信している。