読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

財務会計【平成23年度 第19問】

【平成23年度 第19問】
 F社が保有する株式ポートフォリオは、以下の3つの個別銘柄で構成されており、それらのデータは表のとおりである。このデータに基づいてF社が保有する株式ポートフォリオのβ値を求めた場合の最も適切な数値を下記の解答群から選べ。

f:id:sk6960:20160524115621j:plain

〔解答群〕
ア 1   イ 1.2   ウ 1.26   エ 3.6

 

 

 

 

 

 

 

 

β値を求めよ、という問題ですが、その前にβ値について触れておきましょう。

ベータ値とは、個別銘柄が市場全体の動きにどのように反応するかの計測値のことをいいます。つまり、個別銘柄が市場全体の動きに対してどの程度連動するのかを示す感応度であり、市場全体が1%上昇すると、当該個別銘柄は何%上昇するかを表します。
なお、ベータ値は、
   
     β=当該株式と市場全体との共分散÷市場全体の分散

で求めることが出来ます。
ベータ=1のとき、完全に連動します。ベータ>1のとき、市場が1%変動するとき、個別銘柄はそれより大きく反応して1%を超える変動を見せます。ベータ<1のとき、市場が1%上昇しても個別銘柄は1%も上がりません。

さて、本問は3銘柄のベータ値を求めますが、純粋に加重平均で求めることが出来そうです。
A:1.00×30%+B:0.80×30%+C:1.80×40%=0.3+0.24+0.72=1.26
ゆえに、ウ が正解である。