読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

ほんと、モヤモヤ

さて、何度も言うが筆記試験の合格発表は12/9だ。今日が12/6だからあと3度眠れば否が応でも12/9を迎える。

さすがに現時点で採点結果も出ているだろうし、今は事務処理的なことをやっているんだろうなと想像しつつ待たされる全国5,000人の受験生は気が気でないわけだ。例年の傾向なら合格率はおおよそ20%と見込まれるからだいたい1,000人ほど。その中の一人に入っていたいと全国の受験生は思っているに違いない。

 

ホント、ドキドキだ。

大げさかもしれないけれど、今回の結果は今後の人生を左右すると著者は考えている。「なんとかなっているさ」と楽観的な自分と「そんなに甘くないさ」と悲観的な自分。能天気に楽観視できるほどうぬぼれていないし、悲壮感たっぷりになるほど絶望的でもない。モヤモヤ、なのだ(笑)