読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称週末ファーマーの国家試験受験記

自己啓発の延長なのか、自己実現の手段なのか、はたまた意地の張り合いか。生きているうちに“何か”を成し遂げたいから走り続けているような感じがする

平日の勉強時間の確保がムズかしい

いやいや、なかなか仕事が忙しい。年度末だしね。

でもって二次試験対策も平日にまとまった時間がとれなくて勉強時間の確保に苦戦している。

スキマ時間などで事例Ⅳ対策は続けているのだけれど、それでもまとまった時間で事例と向き合っていないと不安で仕方がない。

 

でも、世の中の受験生の多くは皆こういう境遇なんだろうから自分だけが勉強できていないと思うのはキケンだよね。

 

と自らに言い聞かせるのだが・・・。

 

28年度事例Ⅳでキャッシュフロー計算書が出るのだろうか?

夏のセミナーに赴いた際に、昨年の合格者から

「CF計算書は一定のスパンで出題があり、今年は出る年。だからやるべき」

とのアドバイスを受けた。

 

鵜呑みにするわけではないが、やはり先達はあらまほしきことなりということで、まずは敵を知ることが大事だと思い、セミナー後に過去問を紐解いたことを思い出した。CF計算書の良問と紹介されていたのが23年度の事例Ⅳ、第1問の設問2だ。

 

f:id:sk6960:20160923094106j:plain

 

この低金利時代の中にあってCF計算書の出題はどうかなと思いつつ、問題を眺めてみる。ふむ、たいしたことはない。

B/S、P/Lは以下。

 

f:id:sk6960:20160923094230j:plain

f:id:sk6960:20160923094708j:plain

 

一次試験前に、一次の財務会計で出るカナと思って少しみっちりやっておいたので覚えていた。

税引前当期純利益      から始まって、

減価償却

③受取配当金・受取利息

④支払利息

⑤売上債権の増加額

棚卸資産の増加額

⑦仕入債務の減少額

⑧小計

⑨受取配当金・受取利息の受取額

⑩支払利息の支払額

法人税等の支払額

⑫営業キャッシュフロー   とこんな感じになることを覚えていた。

 

①はPLから  税引前当期純利益  15

②はBSから増減額を計算して、減価償却費  22

③はPLから。受取配当金・受取利息  △5

④もPL。支払利息  40

⑤はBSから。売上債権の増加額  △21

⑥もBSからだね。棚卸資産の減少額  9

⑦もBS。仕入債務の減少額  △13

小計は、47 だ。

 

なお、⑤⑥⑦だが、BSの借方科目が増減した場合にはCFへの影響は逆で符号も逆。BSの貸方科目の増減はCFへの影響は同じだから符合は同じ。

⑤はBSによると、売上債権(受取手形売掛金)は、339 → 360 となっており、売上債権の増加額は21だから、キャッシュへの影響はマイナス21(△21)と考えるわけ。

 

次は小計以下。

これは実際の支払いを表すからそのまま加減すればOKだ。

営業外収益だから、プラス5。

⑨営業外費用だから、マイナス40。

法人税等の支払いはBSを見ればいいから未払法人税等でマイナス4 

したがって、営業CF=8 なんですね。

 

 

これもさ、簿記を知っているとかなり理解が早いんだ。

よかった、簿記2までやっといて(笑)

 

 

 

平成23年度の事例Ⅱ

診断士/事例Ⅱ

10月を目の前にしてなんら開眼しないでいる。このままで大丈夫なのか、と自分で自分を心配してしまうのだが心配すれば開眼出来るというのならいくらでも心配しよう。だから今出来ることを必死こいてやるしか方法はないのだと理解。

 

で、先日解いた23年度の事例Ⅱの中で腑に落ちない出題があったのでメモっておきたい。

 

f:id:sk6960:20160923092013j:plain

それは第2問の設問1である。

「ファッションに関心ある」というセグメントに絞り込んだ上で、さらにどのようなターゲットにすべきかという出題。

フツー、デモグラフィック基準を用いて「年齢層」を記入したくなる。

でも、「ファッションに関心ある」というのはサイコグラフィック基準であり、並列に解答を求めているのであれば年齢層は記述できないはず。だから「価格が高くてもうんぬん」とか書かないといけないのだろうか?

ここで悩んでしまった。

第2問は社長の長男の提案で、ファッション性を重視した新しい戦略を採り入れたいというところから出題されている。

中小企業診断士としては新製品開発戦略だの新市場開拓戦略だの多角化戦略はオススメしないで浸透戦略をオススメするワケだが、社長の長男の提案をのんだ場合にどうなるかっていうのが第2問。

社長の長男の提案は新製品開発戦略だから、アンゾフ流にいえば既存の市場で新製品を出す戦略だ。新商品という意味では新しい戦略だし、既存市場という意味では従来と変わらない。

でも新製品の場合にはセグメント、ターゲットが変わる可能性があるわけだから、社長の長男の考えであれば、ターゲットとする顧客層も新しい顧客層を想定するのが妥当ではないか。そうすると、与件に出ている45~64歳の、従来の層というよりもそれ以外の層がターゲットになりうる。

44以下?

65以上?

ひょっとしたら年齢は特定できないのではないか?

だからサイコグラフィック基準が必要なのではないか?

と考えたわけ。

 

ま、事例Ⅱだし、人並み解答を考えるのであれば素直に年齢層を記述した解答を書くんだと思う。

でも今はいろんな考え方を吸収したいと思っているから・・・。

どうしたらよかんべなぁ?

 

 

 

結局、あまり配点が高くなさそうだから、深く考えないことにした。

 

 

 

あと1ヶ月だ

診断士/二次試験

泣くも笑うもあと1ヶ月。

迎えるのは中小企業診断士試験の二次試験。この日のために今まで頑張ってきたのだ。二次試験の土俵に立てるのは5,000人だけ。そのうちの1,000人ほどが晴れて二次試験合格の祝杯をいただくことが出来る。

 

あと1ヶ月?

まだ1ヶ月?

 

まだ合格実力に届いていないのは自明。でも最後まで悪あがきをする必要がある。

事例Ⅰ。与件から抜き出すことの出来ない知識系、類推が必要な問題に対する対応。

事例Ⅱ。26年度のデシル分析に始まる分析系問題への対応。慣れ。

事例Ⅲ。無責任にも難化予測があるのだが、難化上等。

事例Ⅳ。損益分岐点分析またはキャッシュフロー計算書の対応の精度を上げる。

まだまだ必要なことを挙げてみた。

 

あとは最大の課題、タイムマネジメント

これが未着手のままでいるのが心配の種だ。

50分で固めて、30分で解答を書く。問題は50分で固められるかどうか、だ。

 

キラキラ解答は書かない。誰でも知っているような解答を書こう。文章の稚拙は関係ない。要はキーワードだ。事例Ⅳ、あわよくば計算過程を書かせるような問題が出て欲しい。

準備万端で臨むスト生はいないはず。

でもスト生でも合格している人はいる。

 

f:id:sk6960:20160917174453j:plain

頼りにしているぜ(笑)

 

 

 

昇進と異動の人事発令

診断士/二次試験

10/1付で人事異動が発令され、昇進と同時に転勤の辞令を受けた。

いずれも望んではいない人事であり、かなり複雑な心境だ。もっとも内示は受けていたのだけれどね。

とはいえ、抗うだけムダだし、それがイヤなら辞表を出すしかない。

なかなかどうして人生ってうまくいかないものだ。

昇進と聞いて喜ぶのは細君だけだし、転勤に合わせて生活リズムがかなり変わってしまうから慣れるまでが大変。併せて二次対策のルーティンを再設定するのに苦労しそうだ。

やれやれ。

 

 

***

もう10月を目前に控えているので新しいことには手を出さないつもり。事例Ⅰ~Ⅲは写経と振り返りと解答プロセスの確認を、事例Ⅳはイケカコをやりながら過去問に向き合い、出題傾向を知る。事例Ⅳはやっていて楽しい。だから捗るんだ。

事例Ⅰ~Ⅲはそれなりの時間が必要。だからスキマ時間でやれることはないかと思案中。

 

 

***

新しい職場では、現在学んでいる事例ⅠとかⅡがモロに役立ちそうな部署だ。どっちかといえば経営側に近づいた感じ。正式に診断士を取得してからそういう職務にありつきたかったのだけれど、これもまた機会だから、自分の強みを活かすべく前向きにやっていくつもり。

 

 

 

逆境にくじけるなっていうけれど

診断士/二次試験

外は暗い。なかなか明るくなってくれない。今日も天候は良くないらしい。

今日は祝日なので朝から事例を解く。

しかなしながら野暮用があって日中は外出しなければならない。だから一日中勉強できない。残念なことだ。

もっとも野暮用が済んだ後で勉強を続けるつもりだがね。

 

***

勤務先で人事異動が絡んできたので平日に勉強する時間が確保できなくなっている。困った・・・。

与えられた条件でやっていくしかないから仕方ないし、それでもいくらかはやりようがあるはずだから模索しながら対応していくつもり。

具体的に書けずに心苦しいのだが10月を目前にして二次試験対策の進捗に黄色信号が出てしまった。

 

それでも、なんとかやるしかないな。

 

 

 

 

 

戦略系の出題は強みや経営資源をぶつける

診断士/二次試験 診断士/事例Ⅲ

あと1ヶ月ほどですな。

早かったのか、遅かったのか。

死に物狂いで勉強しているけれど、

「早くこんな生活を終えたい(結果はともあれ早く試験が終われば)」

「まだまだ仕上がっていない(もう少し時間が欲しい)」

といったような矛盾したような心持になっている自分がいる。

 

正直言えば、二次試験対策はキリがないから早く終わって欲しいという気持ちが強いかもしれない。やるからにはベストを尽くす。一次試験のときのように今この刹那でやれることに全力を挙げることくらいしか出来ない。

早朝に起床して勉強時間を1時間確保。

帰宅後、睡眠時間を削って2時間確保。

休日は起きている時間帯の全てを勉強時間に充てている。

こんな生活を許容してくれる細君に感謝しなければならない。

 

***

20年度事例Ⅲを写経した。この年度の事例Ⅲって難しくない?

でもね、初見のときの解答と見比べると

「なんでこんな解答を書いたんだ? おかしくね?」

というような内容のものが多くあることが分かった。よく分からないまま過去問にあたっていたんだなぁ。これじゃ足きり確定といったところだ。

 

写経しながら分かったことは、やはり設問間のつながりって大事だなってこと。また設問文を紐解くと何を解答として求めているかが分かる。

あとは時間との戦い。

タイムマネジメント

 

“戦略を聞かれた場合、事例企業の強みや経営資源をぶつけるのがセオリー”

 

この年は戦略系の問題が多かったから難しいと感じたんだな。

 

 

 

 

20年度事例Ⅱは「異なる2つの視点」がキーなんだよ

診断士/二次試験 診断士/事例Ⅱ

当ブログ著者、正直あまり事例Ⅱが得意ではない。苦手でもないんだけれど、事例Ⅱには「得意じゃない意識」がある。

じゃ、事例ⅠやⅢは得意なのかと問われれば否と言うだろう。要するに出たトコ勝負感がするから得意とか苦手とか安定した点数が期待できるとかそういう感覚を持つことができないということだ。

 

26年度の事例Ⅱは全然ダメ。

でも、20年度の事例Ⅱはイケそう。

 

こんな具合だ。26年度のようにデシル分析した表なんかつけて分析させるといった傾向が見られるからヤバイ感じもする。

 

これが俗に言う“スランプ”か?

 

スランプって一流の人がなるものであり、たかだか勉強を始めて1ヶ月ちょいの受験生が使う言葉でもないやな。

 

これは20年度事例Ⅱだ。

 

f:id:sk6960:20160914115016j:plain

 

意外と字数が少ないほうが点数がとりにくい気がする。それに「2つ答えよ」ということは異なる切り口で2つ書けるということだし。同じ視点で2つ書いてしまうと点数にならないのではないか、とビビッてしまう。

第1問は「顧客に支持された理由」を答える。つまりは「B社の強み」を与件文から組み立てればよいということは誰でもわかる。設問は「2つ」と制約を与えているから、異なる2つの視点で書かないといけない。

じゃ、異なる2つの視点ってなんだ?

診断士に求められるスキルのひとつに“多面的に分析する”ことが挙げられる。この異なる2つの視点は“多面的に書け”ということを示唆しているのかもしれない。

 

でも、異なる2つの視点って??

 

実は過去問に相対しているとき、つまり過去問を解いているときには気がつかなかったことで、写経を始めてから気がつくようになった。異なる2つの視点で記述する必要があるってこと。目から鱗だった。

 

今にして考えれば当たり前のことなんだけれど、こればかりは自分で理解しないと身につかないからね。

第1問の場合の「異なる2つの視点」は、抽象と具体だ。与件から拾って記述できれば良い。

第2問も「2つ」だから同じように考えた。

第2問は来客数が減少した理由を記述する。おそらくは与件から弱みや脅威を探すのだろう。そうすると、異なる2つの視点で考えると、外部環境と内部環境とか外部要因と内部要因、つまり、内と外が思い浮かぶ。これが、2つの軸。

第3問はマーケティング戦略上の問題点を2つだ。

これも異なる2つの視点で考えたい。そうすれば多面的になるもんね。

対応するパラグラフは経営者になる4代目の若女将について書かれたところだ。しかも戦略の話だし、今後のこと。若女将が今後やろうとしていることは、

「和洋折衷への転換」→コンセプトの転換(抽象的)→強みを失う

「建物の建て替えと客室(洋室)の追加」→具体的に何をする?の部分→同質化

だ。これを軸に書きたいね。

 

 

 

このように考えられるようになったのは写経を始めてから。出題者の意図を類推するのも楽しい。

いつかも言ったが、二次試験は

 

    出題者の意図を当てに行くゲーム

 

なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

あと1ヶ月ちょい、なんだ

診断士/二次試験

9月の、この週の祝日を有効に使わないと日ごろの勉強不足感を払拭することは出来ない。だからこの三連休は昼寝もせずに(笑)机に向かって事例を解いている。今日が三連休最終日。

この日の成果物は大事にしたい。

 

あと1ヶ月ちょい、なんだ。

 

 

逆に言うと、勉強漬けの毎日から解放されるまであと1ヶ月ちょいということになる。二次が終わればタマネギ栽培解禁だ(笑)

 

 

事例Ⅰ~Ⅲについては模範解答と思われるものを写経しながら、ひとつずつ制約条件とか設問要求とか出題者の意図とか、そういったものを深堀りしている。これがまたタメになる。写経なんかバカにしていたけれど、役に立つ(笑)

意識して、出題者の意図を考えようとすると見えてくるんだ。

あとはタイムマネジメントだけが心配だ。

 

事例Ⅳはまだ始めたばかりだし、やればやるほどパワーアップ感があるからまだまだやり続けることが必要。

一年は長いけど、11週間は短い。

 

くどいようだが、

 

f:id:sk6960:20160905100939j:plain

 

と体得できるまでに仕上げる必要がある。11週間は短い。多年度生が有利なゆえんだ。

でも、スト生も合格しているんだからね。

 

 

事例Ⅳ、解きまくりの連休にする(つもり)

診断士/二次試験 診断士/事例Ⅳ

先日24年度がおもしろいと書いたけど、実は25年もおもしろいんだ。

個人的な感覚では25年度事例Ⅳの方が点数が取りやすいのかもしれない。もちろん苦手分野が出ている出ていないも大きく関係するけれどね。

P/Lを出さないで経営分析させるからドッキリしたけれど、

 

へー、こんな出し方も出来るんだ

 

と素直に感心したもんだ。

 

この年は減価償却をずいぶんと絡めて、キャッシュフローの出題が多かった。あまり取り組んできていなかったのでありがたい題材となった。おかげでじっくり取り組むことが出来た。

そうそう、じっくり解いても事例Ⅳについては80分以内で解けている。自分でもびっくりだ。

自分に、この二次試験を突破する可能性があるのなら、実は事例Ⅳの出来次第、なのかもしれない。

 

f:id:sk6960:20160913152822j:plain

この年度の爆弾は「200%定率法」だね。簿記2級論点だから知っていた。簿記サマサマだ。これで何点か取れるんだからサービス問題だといわざるを得ない。

ただポイントがいくつかあって、

①毎期の減価償却費が異なる点

②それに伴い、NOPATが異なる点

③赤字の場合には法人税がかからない

の3点が分かっていれば問題なく、点数がゲットできるわけ。

設問2は設問1を解く過程で作った表を眺めれば分かるだろうし、設問3は投資CFと財務CFとをあわせてCFを出す必要があったという意味で少し難しかったかもしれない。

 

そうそう、この年度の第3問は悪問。イケカコには載っていた論点だったけど、品質に係る原価など誰も知らない。だけど、与件を丁寧にヒモ解けば何かしら書けるから配点30点中15~20は拾えそうな感じがした。

 

この年度も60は取れそうな気がした。

 

 

いま、なぜか、平成24年度事例Ⅳがおもしろい

診断士/二次試験 診断士/事例Ⅳ

表題の通り、24年度の事例Ⅳが楽しい。

温泉地にたつD旅館のお話。

f:id:sk6960:20160913145654j:plain

いやいや、販売費・一般管理費比率が高いなぁと思ったけど・・・(笑) こりゃ赤字になるわなって感じ。

この事例Ⅳ、固定費と変動費の内訳が出ているからてっきり直接原価計算的な発想でも使うのかなと思ったけれどほとんど使わない。24年度はCVP分析が主だったようにも思う。感度分析の要素が多かったからね。

全体として、さすが、良く考えられているなぁと思った。

 

第1問は改修工事をするとかしないとかで損益計算書を作る問題。設問1と設問2に分かれている。計算そのものはカンタンなものばかりなんだけれどステップ数が多いから少しでも計算ミスをすると全滅という類の問題が設問1だ。

設問2はこの損益計算書を受けて収益性が上がったかどうかを表す財務指標を探させる問題。つまり、改修工事に資本を投下、投資したら収益性が上がったのか? 上がったら何を根拠に上がったと言えるんだ? を訊いている。

投下資本に対するリターンだから、『総資本経常利益率』。借入し改修工事を行うから支払利息も関係するから「経常利益率」を選ぼう。

改修工事によって売上高が増加し、収益性が上がったとするなら営業利益が上がったかどうか調べる必要がある。だから『売上高営業利益率』。わざわざ費用の内訳まで示し、売上原価のほかに変動販管費まで表を載せているところから、売上総利益ではなく営業利益を使いたい。

最後の指標は『有形固定資産回転率』だ。これは収益性というよりも効率性なのかと思ったけれど、設備投資がポイントの問題だからどうしても使いたかったな(笑)

 

 

***

診断士試験を目指したときに、キモになる科目は財務会計だと思った。すでに何回もお知らせしていることだ。

27年度の一次試験、史上最高に易しかった財務会計で科目合格すら取れなかった自分は根本的に財務会計への向き合い方を変えることにした。

「試験に合格するための勉強をするのは止そう。財務会計を理解するための勉強をしよう。遠回りだがそれが近道だ」と思いなおし、具体的には日商簿記3級レベルの学習から学びなおした。

簿記は2級レベルまで習得することが出来た。結果、28年度一次試験の財務会計ではかなり貯金することが出来た。情報・法務の難化をカバーできるくらいの貯金が出来た。

 

二次試験に相対する前に、イケカコをやろうと決意した。

難易度が高くて悪評名高い(?)イケカコだったが、やってみると確かに難しいように思えたが不思議と全く手に負えないレベルではないことが分かった。初見でも40~50%くらいは解けたのではないか。もっとも主観的な自己評価であって説得力はないけれど、感覚的にそんな気がした。おそらくは簿記のおかげなのだろう。

 

一次試験通過が自己採点により判明した8月2週目から事例Ⅰ~Ⅲ、およびイケカコをやりだした。事例Ⅰ~Ⅲをこなしていると、事例Ⅳをやっていないことに焦りを感じ始めた。

 

焦るな。事例Ⅳは数字で答えが出るから納得感があるだけ勉強も捗るから

 

と自分に言い聞かせたことを覚えている。

 

 

ひとしきり、事例Ⅰ~Ⅲのレベル感を把握した後で事例Ⅳに着手した。

 

    「おもろいじゃないか」

 

これが感想だ。

確かに難問もあるし、ヘタすれば足きりの危機もあるだろう。そこは財務会計をパワーアップさせるためのトレーニングだし、実務に近い形で出題されているとしたら実務感覚を体得するチャンスじゃないか。

 

 

こうしておもしろがってやっているもんだから、

なかなか事例Ⅳが進まないので

困っている、わけ。

 

本日、二次試験申し込み

診断士/二次試験

まだ朝ですが、お昼休みに郵便局に行って二次試験を申し込んできます。締め切りは9/20なので今日中に申し込んでおかないとね。

でも、

 

     17,200円って高くね?

 

採点するのにバイトを雇っているから?

たぶんその通りだろう。

 

埋没費用にならないようにしなくちゃね。

 

 

事例Ⅳは本当にかさ上げするのだろうか?

診断士/二次試験

f:id:sk6960:20160908123203j:plain

※画像は修正しています。

 

一次試験でもこういう合格証書みたいなものをくれるんだね。律儀だ。一次のみならず二次でももらいたいね。

 

勉強会ではけちょんけちょんにやられたからまだまだ勉強が必要だと思っているのだけれど、事例Ⅰ~Ⅲは出たトコ勝負みたいな感が否めない。だから勝負の行方を握っているのは事例Ⅳなのかもしれない。

最近はⅣを解くのが楽しい。やはり数字で答えがバシッと出てくるからかもしれないが自分が思うには

  財務会計に対する苦手意識がなくなったから

かもしれない。

やはり簿記の学習とイケカコ、一次試験結果が大きく影響しているのかもしれない。喜ばしいことだ。

 

事例Ⅳといえば、

   素点からかなり点数をかさ上げしている

という都市伝説がある。

どれくらいかさ上げしているのか分からないけれど、あのレベルの問題なら20~40点くらいの受験生が続出するのではあるまいか、と思う。

もし本当にかさ上げしてくれているのだとしたら、素点ベースで40~50点ほど取れているとかなり有利に働くだろう。

27年度事例Ⅳは易しかったと言われているから事例Ⅳで合否が決まったとはいえなかったという。

 

28年度はどうなる?

 

一次試験と難易度がリンクしているとかしていないとか。

 

無責任な仮定が多いよね。

 

 

 

 

制約条件とか設問間のつながり

診断士/二次試験 診断士/事例Ⅱ

先の勉強会では平成26年度の事例Ⅱを題材として扱った。

行くだけムダだった、と書いたのはもう少し他の年度の問題にも対応できるような不変的なスキルとかそういったものを期待したからだった。

批判するのは自由だし、だったらハナから勉強会なんて参加しなければ良かったじゃないかと指摘を受けそうだ。ごもっともな指摘。

だったらどういうことをやって欲しいのかというと、例えばこういうことだ。

 

f:id:sk6960:20160912115402j:plain

 

f:id:sk6960:20160912115434j:plain

f:id:sk6960:20160912115459j:plain

 

第3問以降を掲載してみたが、個人的に知りたかったことは、

・第3問設問1は「総利用金額のシェア」、設問2は「1回当たりの利用金額」、第4問で「客単価」が解答のポイントになっている

・だから解答のポイントの切り分けが必要。重複は制約条件から外れそう

・「売上=客単価×利用回数」というフレームワークを思い浮かべつつ、「利用客数」は解答のポイントになっていないから解答に入れるべきではない

・だから、『各設問間のつながりを意識すること』『解答が重複しないように切り分けを意識すること』『数値の指摘のコツ』

のような、他の問題にも普遍的に横展開できるような内容を知りたかったわけ。

 

過去問というのは過去問であって、同じ問題が再度出題されることはない。同じような出題はあっても同じ問題はない。だから本番に応用できるような普遍性が得られるかと思っていたけれど、その年度の特定の問題への対応だけに終始したことが残念だった。

そういうところが某支援団体の限界なんだよな、と帰りの電車の中で思った。

 

「だったら出なきゃ良かったじゃんか」

 

と内なる声が囁いていたが、何事も出てみなければ、経験してみなければ分からない。

 

でも、こういう勉強会ですばらしい解答を書ける人って合格できているのかな?

 

 

勉強会のこと

診断士/二次試験

先の日曜日に某受験支援団体が主催する勉強会に赴いた。

結論を言おう。

 

 

行くだけムダだった。

 

 

正確にいうと、?だと思ったことが圧倒的に多かったということ。正直に思ったことを言えば「主催者側の自己満足じゃねぇの?」って感じだった。

収穫があったとすれば、

①自分の解答はまだまだ完成度が低い

②このままでは合格できない

③多年度生でも微妙な人がいた

ことくらいかな。だからもう少しギアを上げて勉強しないと合格できないということが分かった。

ノウハウとかスキル的なことよりも、やはりモチベーション的な部分で収穫があったように思えただけ参加費を支払った甲斐があったというもんだ。

今回参加した某受験支援団体とは縁がなかったのか、参加費の対価以外得られたものは何もなかったのではないかと思う。